ムダ毛処理の方法どれがいいの?

ムダ毛処理どうしてますか?ムダ毛処理の方法とそれぞれのメリット・デメリット

夏が来るときになるのが、ムダ毛のお手入れですね。
電車の広告や雑誌などでは、皆脱毛サロンを利用してるかのように書かれていますが、実際のところ、まだまだ自宅でセルフケアしてる女性の方が多いのが実情です。

他の人はどんな処理をしてるのか気になりますよね。
この記事では、ムダ毛処理の方法と、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

ムダ毛処理 剃刀


ムダ毛処理 剃刀で剃る方法

なんといっても、これが一番簡単でお手軽。
女性用のシェーバーで剃る方法ですね。
電動のものもあるけど、お風呂場で普通に剃刀を使ってる人が多いのではないでしょうか?

メリットとしては、簡単でお金も時間もかからないこと。
剃ってすぐはツルツルです。

デメリットとしては、翌日には、黒いボツボツがでてきて、チクチクします。
なので、毎日続けないと「ツルツル」状態はキープできません。
毎日やると、肌へのダメージも大きくなります。

ムダ毛処理 毛抜きで抜く方法

これは、脇やVIOのしっかりした毛の処理に向いています。
メリットとしては、一度やってしまえばあとはしばらくやらなくてもいいこと。
本当にツルツルになることです。

デメリットは、とにかく痛いし、1本づつ抜くので、膨大な時間がかかることです。
毛穴に負担がかかるので、黒ずみの原因になります。

ムダ毛処理 ワックスで抜く方法

これも、毛抜きで抜くのと同じで、毛根から抜くので、一度やるとしばらくはやらなくていいのと、つるつるになるのがメリット。

デメリットは、痛いことです。
毛穴へのダメージも大きいので、場合によっては、炎症を起こしたりすることもあります。

ムダ毛処理 脱毛クリームで毛を溶かす方法

毛を溶かす成分の入ったクリームを塗って、10分間ほど放置して、その後ふき取る方法です。
毛が解けるほどの成分なので、肌へのダメージもありますが、痛みもなく、比較的簡単に脱毛できる方法です。

ムダ毛処理 脱毛クリームで除毛する方法

毛の生育を抑える成分の配合された石鹸を毎日使うことで、毛の成長を遅らせます。
また、生えている毛を溶かす成分もはいっていて、だんだん毛が細くなってきます。
即効性はありませんが、痛みもなく、肌にも優しい脱毛方法です。

ムダ毛処理 家庭用脱毛器で脱毛する方法

エステなどで使われているレーザー脱毛器の出力の小さなものでレーザーを当てます。
エステの脱毛と同じように、毛周期に合わせて処理するので、脱毛できるまでは時間がかかります。
ただ、エステに通うことなくレーザー脱毛ができるのが最大のメリットですね。
エステ脱毛より安く済みますし、いつでも自分の都合でできます。

デメリットとしては、レーザーをあてた時に、チクッとした痛みがあります。
脱毛器そのものは3〜5万円くらいなので、エステ脱毛よりは格安ですが、他の脱毛方法に比べるとお金がかかります。